2014年11月22日土曜日

Windowsサーバーのタスクスケジューラーで嵌った件

あるシステムで嵌った話。
(Windows)サーバー上で常駐起動するプログラムがあって、その起動をタスクスケジューラーで
ログオン時に起動する設定にしていた。
→普通のウインドウを持つプログラム。EUDC外字を使う関係上セッション0では正しく動作しない。
→詳しくはこちらが詳しい。

システム更新作業があって、再起動を実施。実施後正しく起動していることを確認した。

その3日後、客先から急に連絡が入ってきて、プログラムが動作していないとのこと。
よくよく調べてみると誰かが勝手にプログラムを終了していた。
→しかも異常終了ではなく普通にウインドウを閉じたような終了だった。

原因を調査してみるとどうやらタスクスケジューラーの仕様で、デフォルトの設定では
3日以上連続稼働しているプログラムは強制終了させる設定になっていることが原因だった。



  • 「タスクを停止するまでの時間」の設定があると勝手に終了する。


これからは気をつけよう。というかデフォルトの設定がおかしい気がする。