2016年11月8日火曜日

typescript環境構築の自分用メモ

typescript環境構築の自分用メモ

yoは入れておく。
yo aspnetで足場は作れるようにしておく。

typings install dt~jquery --save --global

とかやると typings/globals/jquery/** に型定義ファイルができる。
typings/index.d.tsをrefernce指定すれば補完が効く。

gulpを使うためにgulpfile.jsを作っておく。

gulpfile.jsのなかみは以下のような感じ。

var gulp = require('gulp');
//var del = require('del');

var paths = {
unify: [
'app.js',
'app.js.map'
],
scripts: [
'TypeScript/**/*.tsx',
'TypeScript/**/*.ts',
'TypeScript/**/*.map'
]
}

gulp.task('default', function () {
//del(['wwwroot/TypeScript/**/*']);
//del(['wwwroot/js/*']);
gulp.src(paths.unify)
.pipe(gulp.dest('wwwroot/js'));
gulp.src(paths.scripts)
.pipe(gulp.dest('wwwroot/js/TypeScript'));
});

delはあってもなくてもよい。
ワークスペースのフォルダ構成は以下の感じ。

/TypeScript
   →ここに*.tsを入れとく
/Views
   →cshtmlはこの下に置かれる。
/Controllers
   →コントローラのコードはここに置かれる。
/wwwroot
   /js
      ここにコンパイルされたjsが配置される。



0 件のコメント: